top of page

書簡 その200 おねがい

仕事で下谷稲荷町のスタジオに行く。上野駅から3分。下谷稲荷のすぐ近く。

この下谷稲荷だが元々は上野の山にあったのだが寛永4年、寛永寺の建立にあたり、上野山下に移され、その後この地に替地造営された。

昔から(西暦730年創建と伝えられる。)「正一位下谷稲荷社」と称されていたころからこの町を稲荷町と云うようになった由緒ある神社。

また寛政10年(1798年)には江戸で初めて寄席が行われた由縁の地で境内には「寄席発祥の地」の石碑が建っている。

明治5年に神社名を「下谷神社」と改めたと記されている。

子どもの頃、母に連れられてお参りに来た頃はこの辺り一帯は「しもたや」で大きな鳥居と社殿が鎮座ましましていたものだが

今ではビルに囲まれ窮屈そうな佇まいである。

この神社に限らず子どもの頃、遊び場だった虎ノ門の金毘羅様や先日訪れた神田明神や湯島天神など都会の神社には

昔の印象と違ってとても狭く感じるのは周りの景色の為ばかりだろうか不思議な気ががした。

収録を終えて表に出るとバッタリと新派の勝見史郎と会う。この勝見史郎さん、知る人ぞ知る新派の名脇役である。

初代水谷八重子に師事。女形から男役、ジジイ、ババアから丁稚まで何でも熟す貴重な存在。「忙しい」かと聞くと「ひまひま」という答え。

こんな人が暇とは、もったいない。お茶を飲むことにするが、話はやっぱり芝居の話。

新国劇新派の名優伝、同世代の人とは気兼ねなく話が合う。アッという間に二時間。久しぶりに楽しいひと時だった。

人間、喋るとストレス解消になるというが本当だ。このところツキがないと思っていたが、運が変るといいなぁ。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書簡 その199 特別展・江戸城

両国の江戸東京博物館に特別展江戸城を観に行く。10時半頃に入場したのだが、大変な人出。 江戸の話が好きな僕にとっては江戸時代に興味を持つ人が多いことは嬉しいかぎりだが、観客に若い人がほとんどいない。 特に今日は平日。時間に余裕があるのは年配者だろうが、それにしても養老院の団体旅行。芋を洗うようだ。 展示品を見るのも頭越し、人の後についてぞろぞろ進むだけ。マイッタ。それでも良いほうだったかもしれない

書簡 その198 鰆

サワラの美味しい季節がやってきた。 関東では、いや我が家では塩焼き。関西では西京漬けといって味噌漬けにすることが多い。 味噌に酒粕を混ぜたり、各家庭により工夫された味がある。 もっとも関東でも醤油に出汁を加えたタレに漬けて各々の味に仕立てて照焼にしたりする。 海に近く新鮮なものが手に入る地方では刺身にする。 我が家では新鮮なものに塩をしてから、酢で洗ってコブ〆にした。これがうまい。 子どものころか

書簡 その197 おかしな監督の映画祭

調布グリーンホールへ、おかしな監督映画祭を観に行った。 10分程の作品を、ベテランからデビュー前の15人の監督が出品。 観客が投票でグランプリを競うのだ。 ドキュメントタッチのリアリティのある作品から、新しさについていけないというか、僕には理解できない様な作品まで様々。 残念ながら僕の投票した作品は選ばれなかったが、楽しかった。 それにつけても最近は映画を観ると、亡くなった方々を思い出す。 先日は

Comments


bottom of page