検索

■書簡 その2 桜が好き

今はチョットお休み中ですが、宮崎放送から始まって静岡放送、山口放送、岐阜放送、栃木放送などなど 長いところで、まる三年「森に耳あり章二に目あり」というラジオ番組を毎週月~金で放送して来ました。 10分ほどの短い時間でしたが、始めた頃はなかなか時間が経たなくて大変でした。 健康の話、撮影の裏話、旅公演やロケの話を中心に、 私の趣味である小動物や魚のこと、我が家の野生蘭栽培 古民具や時代劇で使う小道具のことなど、 皆様のお便りを元にいろんな話をしてきました。 そんな中から心に残った話、放送ではできなかった話などを ぼちぼちしていきます。

毎日この時期になると そわそわと落ち着きません。桜の開花が気になります。 若い頃は桜よりも梅のほうが好きでした。 僕の新国劇の先輩があるとき「俺は桜より梅のほうが好きなんだが、 桜が好きと言わないと日本人じゃないと思われそうで、桜が好き と合わせているが 絶対に梅のほうが日本人らしいと思うよ」と言ってました。 この人は「七つ釦に桜に錨」の時代に育った方でしたから無理もないと・・・ (この話、若い人にはわかるかなぁ。 質問があれば答えますが、一度、周りの人に聞いてみたりして調べてみてください) そんな話を思い出しながら桜の古木を巡っています。 ではまた。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

■書簡 その20 ウグイスの声が・・・

ここ数日、盛んにウグイスが啼いている。春先のように、「ケキョケキョケキョ・・・・」と長く尾を引くことはないが 確かにウグイスと解る声で短く啼き続けている。 梅雨空の鬱陶しさを飛ばしてくれる和やかさだ。「俺は良いところに住んでいるのだなぁ」と思う。

■書簡 その19 トチリ蕎麦

「トチル」。役者が舞台でセリフを間違えたり、出るキッカケを外したりすることを言う。 語源は諸説あるが、あわてる事を「とちめく」といった古語から来ているらしい。 今では一般でも使われているので、今更説明する事もないが・・・ この、トチッタ役者が「ご迷惑を掛けて申し訳ありません」という意味で、その場の出演者に配ったのが、なぜか蕎麦。 これは、慌てる事を「トチメン棒を振る」(橡の実を粉にして麺を打つ時、

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now