検索

■書簡 その21 ウチョウラン

今年もウチョウランの季節がやってきた。20数年前まだ日本橋の三越の屋上の売店以外には、 何処にもウチョウランの売品がなかった頃、一握の愛好家達が、そのバラエティを誇りあい (あの頃は一球100円位だったと思う)楽しんでいた。そして紅一点と呼ばれる新花が発見され、 紅貴、紅零と銘名。2万円の値がつき仰天しているとき、ブームに火がついた。 栃木で起こった火は瞬く間に全国に引火。紅貴、紅零は3年たらずで30万を超え、新花が出るごとに高騰、 投機の材料になり、岩壁に生える草を求めてロープを伝い、涯を発った人達が毎年この時期、 数人は転落して亡くなるという悲劇が起こったりした。 退職金を前借し買ったものが枯れてしまい、家族騒動にという話もある。 そんな節(20年近く前かな)僕もビデオで銘品集の制作をしたりもしたが、あまりの狂乱ぶりに一歩引いた。 近年、実生による開発で手ごろな値段で求めることができる様になり、根が好きなもので、一昨年、 10年ぶりに数鉢求めて作ってみたが、丈夫で良い。 毎年増えるし大きくなって立派な花が咲く。 なによりもブームの時なら200万円以上の値がついたであろう(写真)。この花(実生)も今では数千円。 バラエティが多いだけに、またハマリそうで心配だ。 当時のように全国の展示会を飛び回る事はないが、各地の情報だけは入ってくる。腰が浮いてくるのも・・・・ ウチョウランの悲喜こもごもの記。たくさんあるので、又の機会に。


0回の閲覧

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now