top of page

書簡 その192 豆腐の日

中語の准南地方で作られた豆腐が遣隋使によって日本に伝わり、高級食材として食され、江戸末期になって庶民の食べ物として花開く。

そして天明二年(1782年)「豆腐百珍」が大阪の醒狂道人によって編集された。

この本が昭和49年に阿部孤柳、辻重光両氏によって「とうふの本」として生まれ変わった。

20数年前にこの本のことを知って捜していたのだがめぐり合うことができなかった。

それが今年、ひょんなこと事から親しくしている豆腐屋さんが持っていることがわかって読むことができた。うれしかった!

今、健康食品として海外から見直されブームになっている豆腐、その絞りカスといわれる「おから」、「うの花」と呼ばれ庶民の食べ物だった。

うの花のウツギは幹の芯が空洞、からっぽ。だから「おから」。そして包丁が要らないので「きらず」このおからに残る栄養素は多大。

そんなおからが産業廃棄物とは、もったいないと始めた「おから茶」。

ラジオ「森に耳あり、章二に目あり」で話をしたら問い合わせが多く、健康に関心のある人が多いのに驚いた。

せっかくだから、書いておきます。

フライパンを熱しそこにおからを入れます。煎るのが大変なので三分ほど電子レンジでチンして水分を飛ばすとラクです。

それを焦がさない様にかき回して、こんがり色づき香ばしい匂いがしてきたら出来上がり。

大さじ山盛り一杯を一人分の目安にして急須に入れ熱湯を注ぎます。湯飲みに入れればおから茶のできあがり。

栄養吸収もさることながら腸の掃除とても良いとか。

僕の健康法の一つです。注意することは脂肪分が多いので、酸化しやすい事。

作った物は冷蔵庫で保存することと、3日位で飲みきること。

入れたお茶が濁ってきたら酸化してきた証拠。飲むのをやめてください。

産業廃棄物の消費に協力して健康になろう!

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書簡 その200 おねがい

仕事で下谷稲荷町のスタジオに行く。上野駅から3分。下谷稲荷のすぐ近く。 この下谷稲荷だが元々は上野の山にあったのだが寛永4年、寛永寺の建立にあたり、上野山下に移され、その後この地に替地造営された。 昔から(西暦730年創建と伝えられる。)「正一位下谷稲荷社」と称されていたころからこの町を稲荷町と云うようになった由緒ある神社。 また寛政10年(1798年)には江戸で初めて寄席が行われた由縁の地で境内

書簡 その199 特別展・江戸城

両国の江戸東京博物館に特別展江戸城を観に行く。10時半頃に入場したのだが、大変な人出。 江戸の話が好きな僕にとっては江戸時代に興味を持つ人が多いことは嬉しいかぎりだが、観客に若い人がほとんどいない。 特に今日は平日。時間に余裕があるのは年配者だろうが、それにしても養老院の団体旅行。芋を洗うようだ。 展示品を見るのも頭越し、人の後についてぞろぞろ進むだけ。マイッタ。それでも良いほうだったかもしれない

書簡 その198 鰆

サワラの美味しい季節がやってきた。 関東では、いや我が家では塩焼き。関西では西京漬けといって味噌漬けにすることが多い。 味噌に酒粕を混ぜたり、各家庭により工夫された味がある。 もっとも関東でも醤油に出汁を加えたタレに漬けて各々の味に仕立てて照焼にしたりする。 海に近く新鮮なものが手に入る地方では刺身にする。 我が家では新鮮なものに塩をしてから、酢で洗ってコブ〆にした。これがうまい。 子どものころか

Comments


bottom of page