top of page

書簡 その184 荒神山

鈴鹿市へ講演に行く。前日に打ち合わせで乗り込み、今日の講演は午後から。

それではと、以前から 行ってみたいと思っていた荒神山へ出かける。

時代劇ファンならお馴染みの地。

4月7日の荒神山の 高市の縄張りをめぐって、神戸一家と安濃徳一家の喧嘩に、

吉良の仁吉と清水一家が弱小集団・神戸一家(元々の縄張り所有者)に助太刀して

勝利を収めるが、主人公の仁吉は死んでしまう、という

神田伯山の講談、広沢虎造の浪曲や芝居で一世を風靡した物語。

(私の在籍した新国劇の十八番の 一つでもある)いや~来て見て驚いた。

荒神山観音寺は境内は広く、現在まで続いている4月7日のお祭りの所為か

手入れが行き届いている。

仁吉の遺品、回し合羽に三度笠、仁吉を撃った鉄砲が展示してある。

丁度、庭の掃除をしていたご住職のお話を聞くことが出来た。

お寺の歴史や物語を後世に伝えたいとの熱い思いが伝わって来て楽しかった。

もっとお話を聞きたかったが仕事の前。失礼をして退却した。

4月7日のお祭りも機会があったら見たいものだ。

(仁吉を撃った鉄砲の一丁は金象眼で素晴らしい龍の細工が施してあったそうだが

盗難に遭ってしまったそうだ、とても残念がっていました。

昔は高神山と書いたそうです。)

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書簡 その200 おねがい

仕事で下谷稲荷町のスタジオに行く。上野駅から3分。下谷稲荷のすぐ近く。 この下谷稲荷だが元々は上野の山にあったのだが寛永4年、寛永寺の建立にあたり、上野山下に移され、その後この地に替地造営された。 昔から(西暦730年創建と伝えられる。)「正一位下谷稲荷社」と称されていたころからこの町を稲荷町と云うようになった由緒ある神社。 また寛政10年(1798年)には江戸で初めて寄席が行われた由縁の地で境内

書簡 その199 特別展・江戸城

両国の江戸東京博物館に特別展江戸城を観に行く。10時半頃に入場したのだが、大変な人出。 江戸の話が好きな僕にとっては江戸時代に興味を持つ人が多いことは嬉しいかぎりだが、観客に若い人がほとんどいない。 特に今日は平日。時間に余裕があるのは年配者だろうが、それにしても養老院の団体旅行。芋を洗うようだ。 展示品を見るのも頭越し、人の後についてぞろぞろ進むだけ。マイッタ。それでも良いほうだったかもしれない

書簡 その198 鰆

サワラの美味しい季節がやってきた。 関東では、いや我が家では塩焼き。関西では西京漬けといって味噌漬けにすることが多い。 味噌に酒粕を混ぜたり、各家庭により工夫された味がある。 もっとも関東でも醤油に出汁を加えたタレに漬けて各々の味に仕立てて照焼にしたりする。 海に近く新鮮なものが手に入る地方では刺身にする。 我が家では新鮮なものに塩をしてから、酢で洗ってコブ〆にした。これがうまい。 子どものころか

Comments


bottom of page