top of page

書簡 その149 火事と貧乏

今、天災で一番怖いものは?といえば誰もが「地震」と答えるでしょう。

では、江戸時代は、というと一番は「火事」。いったん火が点くと消すのは不可能。

龍吐水(リュウドスイ)というポンプがあるのですが、とても火の勢いには適いません。そこで風下の家を壊すわけです。

そのため町家は、常に壊し易いように作られているんです。決して貧乏だからではなく、自衛のための掘っ立て小屋だったんです。

ただ火事が頻繁におこるため、小銭が貯まる頃には焼け出される。その繰り返し。だから江戸の市民は年中、金欠病。

江戸の三大病の一つです。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書簡 その160 でべら

瀬戸内名物で、小さなカレエをカラカラに干した物で、 槌で骨を砕いてから焼いて食べると独特の風味で、 スルメの様に噛めば噛むほど旨味が増してくる、たまらない一品。 僕が新国劇で辰巳先生の書生をしていた時だから40数年前に尾道で食べて以来の好物だが、 久しく口にする事がなかった。 暮れに知人に送っていただいて、早速食したのだが旨味だけでなく いろんな事が思い出されて懐かしいひと時を過ごした。 しかし4

書簡 その159 寒の入り

今日から節分までの間が、寒の内(寒中)。最も寒いといわれる大寒は15日後。今年の寒さはどうなってるんですかねぇ。 暖冬が続いて、地球温暖化などと言われ、暖かい冬に馴れた身には染みわたる冷気です。(年のせいかも) それでも子供の頃、校庭の水溜りが凍って、そこでスケート遊びをしたことを思い出して(東京で、ですぞ)チョッピリ温かい気持ちになりました。 近頃、手袋をしている人を見かけませんでしたが、今年は

書簡 その158 あけましておめでとうございます

私の勝手なつぶやきを、毎日、何十人もの方々に観て頂いていると思うと、力が入ります。 今年もいろんな事に興味を持って、野次馬精神を維持。自分が楽しみながら綴り続けます。 皆様の情報も、掲示板の方に書き込み、よろしくお願い申し上げます。質問も歓迎です。

Comments


bottom of page