top of page

書簡 その133 ハナショウブ

先週、各地でハナショウブが開花という新聞記事を見て、近くの薬師ヶ池公園の菖蒲園に飛んでいった。

ちょっと 早すぎた(7日)。

今日は朝から雨との天気予報だったが、起きてみるとピーカン。「よしッ!」っと青梅に向う。

塩船観音にお参りして「吹上しょうぶ公園」に行く。

216品種が植えられているそうだが、現在の開花はまだ40種 たらずとのこと。それでも美しい花は見事だ。

谷戸と呼ばれる狭い山間に、よく手入れされた一画は豊な水辺。

スイレン、ヒツジグサ、アサザが満開。水路にはメダカや小魚、オタマジャクシ(よく見る3種類はいた。)

なによりも 感動的だったのは何十年ぶりに野生のゲンゴロウとミズスマシを見かけたことだ。

近年デパートの屋上かペット屋の店先でしか見たことがなかったが、

子供の頃は東京の町中でも池やプールで普通に見つけることが出来たものだ。

花は今月下旬まで楽しめるそうです。

気をよくして梅巌寺に回り、葉の繁ったシダレザクラを観て帰る。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書簡 その140 お気に入り

お気に入りだから「お宝」なのか。高価だから「お宝」なのか?そんな事はどうでもいい。 僕のお宝はこれだ。 どうです?どこから見て見てもカエルでしょ? 何年か前に宮が瀬の河原で見つけたもので、シャレで目を付けて みたら、これまたピッタリ。 カエル好きの僕には最高の拾いものです。

書簡 その139 いきもの

「白神山地のクマゲラ、確認できず。本州で絶滅の危機」。先日の新聞の記事である。 かつて森にはオオカミが住み、川ではカワウソが遊び、空にはトキが舞う楽園だった日本。 そんな彼等がいなくなった現在、身近で頑張っているのは、 ハンザキと云われ裂いても斬っても死なないといわれるオオサンショウウオ くらいのものか。 そんな奴でも環境の変化には弱い。水が汚れればすぐに絶滅の危機が来る。カブトガニしかりだ。 開

書簡 その138 自然

毎年来ていたツバメが、ここ2、3年姿を見せないなぁと思っていたら、いつも巣を作っていた家がなくなっている。 そういえば、この所、近所の屋敷が売りに出され、その敷地に2,3軒の家が建って売りに出されるようになった。 1軒だった家が数軒になり、庭がなくなり、空間が減る。1軒の家を新しく建てて1軒で売っても利益はあがらないから仕方がないが・・・。 空間と余白に生きていた小動物の住み処が奪われる。 人間の

Comments


bottom of page