top of page

書簡 その132 観光客の似合う街

「全国津々浦々は、どうなったんだ」というメールを頂いた。ごめんなさい。番外編で全国を巡ったら、チョット休憩になってしまった。

思い出を語る前に近場でと思い、川越へ出かけて見ました。

本当のところ、昔は街の真ん中の古い軒並みの通りをトラックが走る、歩きにくい薄汚い街というのが川越の印象だったんです。

しかし久々に訪れた川越は住人達の協力で小江戸と言われ人々が訪れるようになり、

車道は整備され、砂利道は石畳に、そこ此処人があふれる現在。見違えるように活気のある素晴らしい街に変身していました。

古い街道を残す街でこんなに観光客の似合う所は全国でも他では見ることが出来ないくらい、楽しい街でした。

菓子屋横丁も賑わいがピッタリ。

時の鐘を中心にして、五百羅漢で有名な喜多院までの散歩の距離も、駅や商店街等への距離も遠すぎず近すぎず。

一日遊ぶには絶好な街でした。僕の好きな街の一つになりました。

観光地としてつまらなくなる所が多すぎる中、ステキな変身を遂げた川越。古さが現代にマッチした息抜きの出来る街、川越。オススメです。

全国津々浦々はボチボチ進みます。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書簡 その140 お気に入り

お気に入りだから「お宝」なのか。高価だから「お宝」なのか?そんな事はどうでもいい。 僕のお宝はこれだ。 どうです?どこから見て見てもカエルでしょ? 何年か前に宮が瀬の河原で見つけたもので、シャレで目を付けて みたら、これまたピッタリ。 カエル好きの僕には最高の拾いものです。

書簡 その139 いきもの

「白神山地のクマゲラ、確認できず。本州で絶滅の危機」。先日の新聞の記事である。 かつて森にはオオカミが住み、川ではカワウソが遊び、空にはトキが舞う楽園だった日本。 そんな彼等がいなくなった現在、身近で頑張っているのは、 ハンザキと云われ裂いても斬っても死なないといわれるオオサンショウウオ くらいのものか。 そんな奴でも環境の変化には弱い。水が汚れればすぐに絶滅の危機が来る。カブトガニしかりだ。 開

書簡 その138 自然

毎年来ていたツバメが、ここ2、3年姿を見せないなぁと思っていたら、いつも巣を作っていた家がなくなっている。 そういえば、この所、近所の屋敷が売りに出され、その敷地に2,3軒の家が建って売りに出されるようになった。 1軒だった家が数軒になり、庭がなくなり、空間が減る。1軒の家を新しく建てて1軒で売っても利益はあがらないから仕方がないが・・・。 空間と余白に生きていた小動物の住み処が奪われる。 人間の

Comments


bottom of page