top of page

書簡 その131 野外で遊べ!

最近、ガンコで自分の考えを変えない子供が増えていると聞く。室内で一人で遊ぶ。ゲーム等も対自分。

成長してパソコンをやっても、機器と向かい合うだけで、他人と触れ合うことが少ないから、協調性に欠ける。

信念を持つことは結構だが、ただガンコなだけに見える。近頃は屋外で遊んでいる子供は見かけないし、道ですれ違っても、知らん顔。

もっとも危険だから知らない人と話をしてはいけないと教えられているのだろうが・・・。味の無い世の中になったもんだと思っていたが

先日、丹沢の河原を散歩していたら、真っ黒になって遊んでいる子供たちが、デッカイ声で「こんにちは」と云った。

ビックリしたが嬉しくなって、こちらも大声で「こんにちは」と答えた。これだよね。人間は。子供の顔が輝いて見えた。

子供の頃、夏休みに田舎に行くという友達を羨ましく思ったが、あいつらも、きっとこんな顔で、思いっきり遊んでいたんだろうなぁ・・・

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書簡 その140 お気に入り

お気に入りだから「お宝」なのか。高価だから「お宝」なのか?そんな事はどうでもいい。 僕のお宝はこれだ。 どうです?どこから見て見てもカエルでしょ? 何年か前に宮が瀬の河原で見つけたもので、シャレで目を付けて みたら、これまたピッタリ。 カエル好きの僕には最高の拾いものです。

書簡 その139 いきもの

「白神山地のクマゲラ、確認できず。本州で絶滅の危機」。先日の新聞の記事である。 かつて森にはオオカミが住み、川ではカワウソが遊び、空にはトキが舞う楽園だった日本。 そんな彼等がいなくなった現在、身近で頑張っているのは、 ハンザキと云われ裂いても斬っても死なないといわれるオオサンショウウオ くらいのものか。 そんな奴でも環境の変化には弱い。水が汚れればすぐに絶滅の危機が来る。カブトガニしかりだ。 開

書簡 その138 自然

毎年来ていたツバメが、ここ2、3年姿を見せないなぁと思っていたら、いつも巣を作っていた家がなくなっている。 そういえば、この所、近所の屋敷が売りに出され、その敷地に2,3軒の家が建って売りに出されるようになった。 1軒だった家が数軒になり、庭がなくなり、空間が減る。1軒の家を新しく建てて1軒で売っても利益はあがらないから仕方がないが・・・。 空間と余白に生きていた小動物の住み処が奪われる。 人間の

Comentarios


bottom of page