top of page

書簡 その129 下駄

僕はこの季節になると下駄を履く。素足に下駄は気持ちがいい。もっとも撮影所では役者はみんな下駄だけど・・・

時代劇の扮装で靴では不便だし、第一、格好が悪い。それでみんな下駄か雪駄になるのだが、なぜか下駄の人のほうが多い。

雪駄より高い分、ホコリがつきにくいような気がするし、チョットでも背が高く見えるという役者根性の表れかもしれない。

昔は鼻緒が傷んで、挿げ替えたものだが、現在は丈夫な鼻緒が付いているので台の方が先に傷む。

材料が悪いのか、道路がアスファルトになったためか、下駄の歯がすぐに減る。

重心によって左右どちらかに傾くか、平らに減っても真っ二つに割れる。薄くなった下駄が何処までもつか競ったりする。

銭形平次の撮影のときだった。離れたところに脱いだ下駄を、若い子に取ってくれと云うと、

傍で見ていた平次の橋蔵親分が「森チャン、それは下駄って言わないんだよ。それは板って言うんだよ」と言った。

笑いながら橋蔵さんの足元を見ると、やはり 板 だった。

後年、若い連中が自転車のゴムタイヤを切って、歯に貼るようになった(撮影所の定番になる)。

僕も貼ってもらったが背は高くなるし履き心地も悪くない。ささやかな自衛手段だが、これじゃあ下駄屋はたまらない。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書簡 その140 お気に入り

お気に入りだから「お宝」なのか。高価だから「お宝」なのか?そんな事はどうでもいい。 僕のお宝はこれだ。 どうです?どこから見て見てもカエルでしょ? 何年か前に宮が瀬の河原で見つけたもので、シャレで目を付けて みたら、これまたピッタリ。 カエル好きの僕には最高の拾いものです。

書簡 その139 いきもの

「白神山地のクマゲラ、確認できず。本州で絶滅の危機」。先日の新聞の記事である。 かつて森にはオオカミが住み、川ではカワウソが遊び、空にはトキが舞う楽園だった日本。 そんな彼等がいなくなった現在、身近で頑張っているのは、 ハンザキと云われ裂いても斬っても死なないといわれるオオサンショウウオ くらいのものか。 そんな奴でも環境の変化には弱い。水が汚れればすぐに絶滅の危機が来る。カブトガニしかりだ。 開

書簡 その138 自然

毎年来ていたツバメが、ここ2、3年姿を見せないなぁと思っていたら、いつも巣を作っていた家がなくなっている。 そういえば、この所、近所の屋敷が売りに出され、その敷地に2,3軒の家が建って売りに出されるようになった。 1軒だった家が数軒になり、庭がなくなり、空間が減る。1軒の家を新しく建てて1軒で売っても利益はあがらないから仕方がないが・・・。 空間と余白に生きていた小動物の住み処が奪われる。 人間の

Commentaires


bottom of page