top of page

■書簡 その115 石戸の蒲桜

起き抜けに埼玉県北本市の日本五大桜の一つに数えられる石戸の蒲桜を観に走る。満開!。

狭い境内には他の桜に交じって大きな古木が花いっぱいに咲かせている。説明より写真をどうぞ。

日本五大桜=三春の滝桜・山梨県実相寺の神代桜・静岡県狩宿の下馬桜・岐阜県根尾谷の淡墨桜・石戸の蒲桜。

帰り道、坂戸に回って、慈眼寺の枝垂桜を観る。一足遅かったか盛りは過ぎていたが京都円山公園の祇園の枝垂桜を思わせる素敵なものだった。

途中、道しるべに教えられた、台湾のお寺。実は中国のお宮だそうだが、畑のある住宅街に突然現れた派手な姿にビックリ!

正式には聖天宮というそうです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■書簡 その120 ガンガン

逹が休みだ、というのでドライブがてらカミさんと三人で一の宮の桃を観に行く。 真に満開。甲府盆地はピンクに染まっている。大菩薩に回って雲峰寺の峯の桜を観に行く。 チョット早かったが樹齢700年の老木はどっしりとして 霊気を感じる。 のんびりと里の風景も堪能して、心身共にリフレッシュした。

■書簡 その119 無題

打ち合わせが早く終わったのでマコトシアターで若手の芝居を観る。最近の若者は褪めている。 若手の巧い芝居なんかみたくない。ガムシャラな熱を感じたい。そんなことを思うのは僕だけか。

■書簡 その118 春が来た

御殿場の友人を訪ねる。富士霊園に辰巳先生のお墓参りと思ったら、桜が満開。花見客でとても行ける状態ではない。 約束の時間があるので戻ることにしたが、それも大変。やっと抜け出して走っていると、田んぼの土手につくしが出ている。 近づくと塔がたっているが、まだ食べられる。早速、採ることにする。用事を済ませて富士越えで帰る。 山中湖のあたりはまだ冬景色だがチョット下ると木々の新芽は輝いている。里は春景色いっ

Comments


bottom of page