top of page

■書簡 その108 踏み切り

遮断機が上がった。渡ろうとした女性二人が電車にはねられて死亡。東武竹ノ塚の踏み切りで起こった事故である。

記事によると「開かずの踏み切り」なので人の判断で、少しでも渡れる様にするために手動で遮断機を動かしていたのだという。

そして驚いたのは、こんな手動の遮断機が首都圏になんと59箇所も残っているというのだ。

近年「開かずの踏み切り」は問題になっているが、高架にするための工事はなかなか進まない。

世の中は確実に進んでいる・・・・歪に 記事は人為的ミスによるものだろうと書かれている。今度の事故に遭われた方は気の毒に思うが、

起こした方の人も気の毒に思うのはなぜだろう。

2月9日に大阪から京都に帰る途中、JRの電車に乗車中、前の電車が踏み切りで人身事故。

満員で熱く息苦しいくらいの中で立ちっぱなし2時間カンヅメ。こんな中で病人が出たらどうなるのかという状況。

車内放送は警察の現場検証が行われています、と繰り返すばかり。クタクタになってホテルに帰ったのを思い出した。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■書簡 その120 ガンガン

逹が休みだ、というのでドライブがてらカミさんと三人で一の宮の桃を観に行く。 真に満開。甲府盆地はピンクに染まっている。大菩薩に回って雲峰寺の峯の桜を観に行く。 チョット早かったが樹齢700年の老木はどっしりとして 霊気を感じる。 のんびりと里の風景も堪能して、心身共にリフレッシュした。

■書簡 その119 無題

打ち合わせが早く終わったのでマコトシアターで若手の芝居を観る。最近の若者は褪めている。 若手の巧い芝居なんかみたくない。ガムシャラな熱を感じたい。そんなことを思うのは僕だけか。

■書簡 その118 春が来た

御殿場の友人を訪ねる。富士霊園に辰巳先生のお墓参りと思ったら、桜が満開。花見客でとても行ける状態ではない。 約束の時間があるので戻ることにしたが、それも大変。やっと抜け出して走っていると、田んぼの土手につくしが出ている。 近づくと塔がたっているが、まだ食べられる。早速、採ることにする。用事を済ませて富士越えで帰る。 山中湖のあたりはまだ冬景色だがチョット下ると木々の新芽は輝いている。里は春景色いっ

Comentários


bottom of page