検索

■書簡 その4 たまごかけごはん

たまごかけごはん。鳥インフルエンザ。道の駅。三題話ではないが連想ゲームの様に頭を駆け巡った。 僕は生たまごを温かいごはんにかけて食べるのが好きだ。といって、なければならないという類のものではない。 たまに思い出したように無性に食べたくなるだけだ。だが最近はどうもいけない。大丈夫だとわかっていても 「う~ん、味噌汁に入れよう」と火を通してから食べる様になった。鳥インフルエンザのせいである。 大事に使ってもあと20年はどうかな。今更気にしても、と思いながら我が身を労わるようになった。 若い頃には考えられないことである。 そして思い出したのが、渥美半島・田原町の養鶏場。カミさんの母親の実家が、この町にある安楽寺というお寺で、 一年に一回は訪れる。そのときに必ず覗くのがこの養鶏場。旧家を思わせる建物で、表に売店もある。 ここの玉子の黄身は指で摘んでも壊れない。濃い味の美味しい玉子だ。あの玉子でも、やっぱり火を通してしまうのかなー、などと考えてしまう。 養鶏場のすぐ近くに、田原町の道の駅がある。この道の駅は面白い。 お客さんは観光客ではなく、地元の人がほとんど(のようだ)。だから何時いっても地の物がいっぱい。 とれたて野菜やそこでしか手に入らないものが並ぶ。無農薬と書いてあったりする。 そうだ農薬も問題になっているね。(外国ものは農薬が多く使われていると聞く) 「まぁいいや。気にしないで何でも食べよう。」健康ブームで気を使っているのは高齢者ばかり。 本当に気をつけなければいけないのは若い人だと思うのだが・・・ それにしても 道の駅は楽しいですね。最近は何処へ行っても必ず覗くのが楽しみです。 おもいつくままに。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

■書簡 その20 ウグイスの声が・・・

ここ数日、盛んにウグイスが啼いている。春先のように、「ケキョケキョケキョ・・・・」と長く尾を引くことはないが 確かにウグイスと解る声で短く啼き続けている。 梅雨空の鬱陶しさを飛ばしてくれる和やかさだ。「俺は良いところに住んでいるのだなぁ」と思う。

■書簡 その19 トチリ蕎麦

「トチル」。役者が舞台でセリフを間違えたり、出るキッカケを外したりすることを言う。 語源は諸説あるが、あわてる事を「とちめく」といった古語から来ているらしい。 今では一般でも使われているので、今更説明する事もないが・・・ この、トチッタ役者が「ご迷惑を掛けて申し訳ありません」という意味で、その場の出演者に配ったのが、なぜか蕎麦。 これは、慌てる事を「トチメン棒を振る」(橡の実を粉にして麺を打つ時、

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now