検索

■書簡 その16 電信柱

僕たちの子どもの頃。電信柱が増えるごとに、都会でも田舎でもそこは明るくなって行きました。 世の中を照らす温かい明かりを運ぶ復興のシンボルの様に思われた電柱も、今では景観を妨げる邪魔者扱い。 江戸の面影を残す町並みでは電線は地下に潜り、電柱は姿を消していきます。 時代劇のロケの時、本当に邪魔だった電柱も、なくなってみると、なんとなく寂しい気がします。 たこが電線にひっかかって電信柱を昇って叱られた事がありました。 今の子どもたちは、そんなバカな事はしないでしょうが、 危険が伴う電柱が消えていくのは当然のことかも知れません。 そんな事にも時代の移り変わりを感じる今日この頃、かな。

写真は、東海道の面影を残す、三重県の関町です。 町並み保存が行われ、電柱もなくなりました。


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

■書簡 その20 ウグイスの声が・・・

ここ数日、盛んにウグイスが啼いている。春先のように、「ケキョケキョケキョ・・・・」と長く尾を引くことはないが 確かにウグイスと解る声で短く啼き続けている。 梅雨空の鬱陶しさを飛ばしてくれる和やかさだ。「俺は良いところに住んでいるのだなぁ」と思う。

■書簡 その19 トチリ蕎麦

「トチル」。役者が舞台でセリフを間違えたり、出るキッカケを外したりすることを言う。 語源は諸説あるが、あわてる事を「とちめく」といった古語から来ているらしい。 今では一般でも使われているので、今更説明する事もないが・・・ この、トチッタ役者が「ご迷惑を掛けて申し訳ありません」という意味で、その場の出演者に配ったのが、なぜか蕎麦。 これは、慌てる事を「トチメン棒を振る」(橡の実を粉にして麺を打つ時、

© 2023 by Strategic Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now